2013年11月29日

「劇場版 SPEC〜結〜 爻ノ篇」感想

 11月の仕事も終わり、定時で家に帰って食事して風呂に入って、そそくさと出かけていった先は、「シネマサンシャインエミフルMASAKI」。今日から公開の「SPEC完結編」である、「劇場版 SPEC〜結〜 爻ノ篇」のレイトショーを観る為である。

image

 TVシリーズの第1話から、欠かさず観たSPECシリーズ。10回の連ドラと、2本のTVスペシャル、3本の劇場版と、予想以上に大きな展開をしたシリーズだったが、遂に完結。どんなまとめ方になるのか気になったものの、映画をできるだけ楽しむ為にほとんど予備知識を入れずに観に行って、観終わって1時間ほどしか経っていない。そのため、きちんとまとまった感想が書けないが、鮮度だけを頼りに箇条書きにしてみた。

(以下、多大なネタバレを含むため、ご注意下さい)

・「旧人類滅亡を企む悪のスペックホルダーと、人間との共存を目指す善のスペックホルダーの、お互いの存在意義を賭けた最終戦争」的な、「X-MEN」の「ファイナル ディシジョン」みたいなストーリーかと思ったが、もっと黙示録的でSF的な話になっていた
・しかし、TVスペシャル以降は、「天才的頭脳を持つ変人刑事(当麻)と熱血刑事(瀬文)が、超能力者の犯罪を反目しながら解決していく」本来の「SPEC」とは、別の番組になっているような…
・前編でも感じたが、それぞれのシーン、出演者の熱演やBGMで迫力はあるが、やや尺が長く冗長に感じるところもあった
・冒頭で前編のストーリーをさらっと紹介後、いきなり山場に突入
・劇中でも出たセリフだが、まさに「中二病」的な、終末ビジュアルとセカイ(向井理)の性格。特に、「核爆発のキノコ雲をバックに飛び回るカラスの大群」のビジュアルは、(映画版の)「ノストラダムスの大予言」的な迫力
・スペックホルダーと普通の人類の違いについては、割と意表を突いた設定で面白かった
・なんで出てる?堀北真希。(「ATARU」のあの子の役なのか?)
・「チームSPEC勢揃い」のシーンは、映画的な豪華さだったが、谷村美月とか伊藤淳史とかスケバン刑事の子なんかも出して欲しかった
・「大島優子って、感じ悪い女の演技が上手い」って事はわかった
・「結」でこんなに北村一輝の出演シーンが多いとは思わなかった
・何故、一番盛り上がるシーンのセリフが「TRICK」なのか?
・ソフトバンクのお父さんみたいに声だけの出演かと思ったら、ちゃんと顔出しもあった北大路欣也
・「相手の必殺技を○○○(さすがに秘す)で跳ね返す」ってのは、マンガでは定番の手段だが、ここで使うとは意表を突かれて面白かった。でも、ギョウザロボってスペックホルダーだったの?
・セカイ達を封じようとする当麻のビジュアルは、「戸田恵梨香の事務所OKが出た」事と「地上波で大丈夫なんだろうか?」という意味で、衝撃的だった。子供が観たら、トラウマものでは?
・「世界は救われた」が「当麻と瀬文は救われない」結末は、何とも言えない余韻が残るが、漂っていた当麻を牢屋にいる瀬文だけが掴むことができたラストシーンは、2人の間で「これで良かった」って納得しているって事なんだろうか?
・よく考えなくても、「天」にあった「雅ちゃんが崩壊した国会議事堂の横で、野々村係長の手紙を読むシーン」には繋がらない終わり方だった
・相変わらず、真面目なシーンにはさまれる小ネタのギャグは健在。これがなければ「SPEC」じゃないし
・「これにて、『ケイゾク』の続編でもある『SPEC』は完全に完結!」らしい。でも、制作者のインタビューを読む限り、数年後に『ケイゾク3』的なドラマはあるかもしれないらしい
・ここまで緊迫感の持続する映画は久し振りだった。観終わってどっと疲れた気がする力作だった。

 さて、明日は「RED2」を観に、行けるかどうか?

posted by utsuno at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー

2013年08月31日

「マン・オブ・スティール」

 先日の「パシフィックリム」に続き、スーパーマンの新シリーズの第1作「マン・オブ・スティール」を観に行った

 「スーパーマン」シリーズというと、クリストファー・リーヴ主演の映画をTVで観た程度だが、このところアメコミの実写化作品は良作揃いだし、新シリーズ第1作で次作はバットマンと共演との話もあるので、今回のシリーズは観ておこうと思って観に来た。

image

 イギリス人俳優のヘンリー・カヴィル演じるクラーク・ケントは、知的なハンサムでイメージぴったりだし、特撮シーンも良く出来ていたと思うが、ちょっとスーパーマンが、自分の力の使い道とか存在意義に関して悩みすぎで、スペクタクル映画の爽快さに欠ける感じ。悪役で出てくるクリプトン人のでたらめな強さも、ちょっとやりすぎではないか?

 でも、最後にクラーク・ケントが新聞記者になる逆転のストーリーと言い、これが導入部であり次作以降に期待って事かも。(鑑賞料金程度は楽しめた)
posted by utsuno at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー

2013年08月10日

「パシフィック・リム」

 2年前にこの映画の企画を知らせる小さな記事を読んで、「本当に、こんな内容のハリウッド大作が製作されるのか!?」と半信半疑だったものの、その後、続々と「本当に作っているらしい」との情報を得て、この夏の封切りを楽しみにしていた「パシフィック・リム」が遂に公開された。

 封切り日の初回に並ぶのが、こんな日本の特撮映画ファンのための作品を大まじめに作ってくれたギレルモ・デル・トロ監督への礼儀かと思ったが、9日(金)は仕事でさすがに断念。ようやく土曜日の午後から時間が空いたので、クルマを飛ばしてエミフルMASAKIのシネマサンシャインまで行ってきた。

image

 ギレルモ・デル・トロ監督が来日したり、芦田愛菜ちゃんの出演シーンが紹介されたり、それなりに番宣があったので、ご存じの方も多いと思うが、一言で言うと「全長100mを超える怪獣と、人類が製造した巨大ロボットが戦う映画」である。なんの変化球もなく、70〜80年代の日本の特撮映画のテイストを大真面目にハリウッド大作のセオリーに乗っけた映画と言えばいいのか?

 事前に様々な雑誌からプラスとマイナスの評価を耳に入れつつ観に行ったが、いろいろと感じるところがあったので、ちょっと長いが感想を箇条書きにしてみた。↓

・登場する怪獣は「monster」ではなく「kaijuu」と発音される
・2013年に怪獣が現れるようになってから2020年の現在までを5分程度で見せるアバンは、内容が濃くて一気にこの世界への導入を果たした感じ
・怪獣は日本風のデザインではなくて、「クローバーフィールド」にも強調するマッチョなデザインで、体色も地味で、やっぱりアメリカ風
・日本の怪獣は「神」または「自然の怒りの体現」だが、この映画ではやはり「モンスター」に過ぎない
・乗り込むロボットはクラシックなデザインの割に動きは速い。ただし、登場シーンで見得を切らない等、日本のロボットアニメのセオリーには沿っていない感じ。(「トランスフォーマー」が決して「ガンダム」の実写版にならないのと同様)
・そういう意味では、「日本の特撮アニメへの造詣が深い」ギレルモ・デル・トロ監督の作品って事で、東宝的・東映的な特撮映画を期待していたが、そこら辺の要素を換骨奪胎してハリウッドのテイストで仕上げた作品だと言える。それはそれで、アリだと思う
・思っていたほど綾波風ではなくて、アジアンビューティーな菊地凛子は、鋭い目つきとか存在感があった
・英語のセリフの中に、「マイコ、少し抑えて」とか、「まだ(戦う方法は)ある!」等の日本語が混じるのは面白かった
・特に、非公開中との空中戦で、「これは!家族の分!」の日本語のセリフと共にソードをふるって怪獣を両断するシーンなどは、日本のアニメ風の構図で燃えた
・菊地凛子の幼少時代を演じたのは、芦田愛。ハリウッド大作のスケール感に負けない芦田プロの存在感はさすが
・大スケールのハリウッド映画の中でも遜色ない芦田プロの演技
・頼りないようで役に立つ、典型的マッドサイエンティスト風の科学者2人が面白かった
・kaijuuの住む異世界のビジュアルはSF的で良かった
・過去のトラウマによる挫折と克服、対立と和解、、司令官の演説、「最後の決戦」、苦境の中で味方の自己犠牲による逆転、大円団、そして…。とハリウッド大作のセオリーに沿った作りであるが、たとえば「インディペンデンスデイ」なんかに比べると遙かにまじめに作っている印象
・ロシアと中国のロボも個性的で存在感があったが、パイロットの登場シーンが少なかったのが残念
・CGのアラ(非現実っぽさ)が見えるのを嫌ったのか、ほとんどの特撮シーンが夜間だったのは、ちょっと残念。多少作り物っぽさが出ても、太陽の下で格闘する怪獣とロボットのシーンが観たかった

 「日本の特撮映画を換骨奪胎したハリウッド映画」と書いたが、それでも、充分に日本の「怪獣映画」に対するギレルモ・デル・トロ監督の愛を感じたし、なんの原作もない状態で、ここまでの密度でまとまったストーリーを作り上げたのは大した構成力だと思う。

 私が観たのは字幕版で、上にも書いたように日本語のセリフも聞けて良かったが、池田秀一さんや、林原めぐみ、千葉繁に古谷徹、玄田哲章が声をあてた吹き替え版も観てみたい気がする。

 ともかく、特撮とかロボットアニメに対して、ある程度の思い入れがある方には、絶対にお薦めできる映画である。こんな作品に出会えて、幸せな時間を過ごさせていただきました。
posted by utsuno at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー

2013年02月02日

映画をはしご。「グッモーエビアン!」と「きいろいゾウ」の感想

 今日は、宮崎あおいと向井理がここ1週間番宣に出まくってる映画「きいろいゾウ」の封切り日。それに加えて、松山市では、去年公開された麻生久美子の久し振りの主演映画「グッモーエビアン!」も封切りされる。

 しかも、映画館は「きいろいゾウ」が「シネマサンシャイン重信」で「グッモーエビアン!」が「シネマサンシャインエミフル」。

 別に、日をずらしてもかまわないのだが、ソフトボールの練習も雨で中止だし、こんな(私にとって限定だが)「盆と正月が一緒に来たよう」な日は、頑張って劇場をハシゴするに限るってわけで、クルマを走らせて行ってきました。

 まずは、「グッモーエビアン!」の封切り。

image

 朝10時45分の初回に行ったら、5分前に劇場に入った時点で客が私だけ。その後、8人ほどは来たはずだが、まあ、そんな人数で、じっくり観賞しました。

 以下、いつもの箇条書きの感想です。

・シングルマザー(麻生久美子)とその娘(三吉彩花)、そして母親の恋人(大泉洋)の奇妙な3人家族のおかしくも幸せな日々
・全編、三吉彩花の視点から描かれていて、変わらない大人と変わっていく子供のすれ違いと家族の絆について考えさせられる
・麻生久美子は、逞しくてクールで弱さも持った30代女性をリアルに演じていた
・個人的には「ガール」のキャリアウーマンや、「宇宙兄弟」のエリート宇宙飛行士より、この手のちょっとドロップアウトしかけた女性を演じる麻生久美子が好き
・大泉洋は、ちょっとウザいけど、果てしなく善人のロッカーを好演していた(と言うより素に見えた)
・結局この映画の主人公だった三吉彩花は、若い時の成海璃子みたい。多感な時期の少女を熱演していた
・三吉彩花の親友でほんわかしたお嬢さん役の能年玲奈が良かった。(「鍵のかかった部屋」の弁護士事務所の事務員役や、来年は朝ドラの主演)
・三吉彩花と能年玲奈2人のシーンがほのぼのしていて良かった。ただし、どう見ても中3には見えないが
・「世間の常識」の象徴みたいな中学校の先生(小池栄子)を含めて悪人のいない映画
・前半は「おかしな二人」を三吉彩花の視点からある意味淡々と描いていたが、後半にかけて急展開の盛り上がりがあり、感動のシーンがあり、最後のライブシーンでカタルシスがあり、思っていたより「ちゃんとした映画」で、期待以上に楽しめた。
・多分、松山地区で上演されてる期間は短いと思うので、映画で笑ったり感動したりしたい方は、是非一度見て下さい

 その後、今度はレイトショーで「きいろいゾウ」を観に行く。

image

・「おおかみこどもの雨と雪」みたいな田舎暮らしする宮崎あおいと向井理
・自然の美しい風景を織り交ぜながら「田舎暮らしをしているのんびりした夫婦の日常」を描く映画かと思ったが、そういう明るい雰囲気ではなく、夫婦の気持ちの溝が広がっていき、思っていたより暗いトーンの中で話が進んでいく
・宮崎あおいは、「動植物と話ができる」不思議系の気むずかしい若妻を熱演していた。前髪ぱっつんで化粧っけなし
・向井理は、いろいろと訳ありの小説家を上手く演じていたと思うが、ちょっとイケメン過ぎてリアリティがない感じ
・後半、ある理由からいらついた宮崎あおいが向井理の手をコップで叩くシーンは、あまりに長くて、見ていて辛かった
・それを含めて、全体的に「このカットにこんな時間使わなくても」と思うシーンが多かった
・クライマックスもカタルシスもなし。あくまで淡々と進むストーリー
・結局、何も変わらずに再開される日常。映画1本の中で大きな事件が起きたわけではないが、元々そういう映画なんだろう。ただし、何がテーマだったのかと聞かれれば、「夫婦の愛」って事になるのか?
・多分、大多数の人がポスターを見て予想したのとは、かなり違った内容の映画になっているはず

と、まあこんな感想。

 1日に2本観たのは久し振りだが、やっぱり疲れた。レイトショーが終わって家に帰ってグッスリ眠れた。
posted by utsuno at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー

2012年07月27日

『おおかみこどもの雨と雪』感想

 せっかく劇場まで行って観た久し振りのアニメなので、ちゃんとした感想を書いてみようと思ったが、まとまらないので、昔やっていた箇条書きスタイルで流してみました。

 ピント外れの感想や矛盾点もあると思いますが、ご容赦下さい。

image

・まず、ポスターの「白いワンピースを着て子供を抱えている花」のシーンは存在しない
・最後まで観て感じたことだが、これは、細田監督の撮った「トトロ」なのでは?
・「子供はどんどん成長して年齢は35歳ぐらいのはずだがまったく老けず女子大生にしか見えない」、「見かけはひ弱そうだが、芯が強くて頑張り屋キャラ」、「二人も出産しているのに細い」等々、宮崎あおいの「あて役」にしか見えない花
・「人間が住んでいる場所の続きに自然があり、その先には人間が入り込めない場所がある」と言う人間界と自然界の境目の描写が見事
・オープニングの花畑のシーンとか、自然の描写はもの凄くリアルだが、逆に言うと「これは、アニメで撮る意味あったのか?」と感じてしまう
・唯一「アニメで撮る意味」としては、「狼と人狼と狼の変身」があるが、この点はやっぱりマンガっぽかった
・貞本さんデザインの線の少ないキャラクターと、濃密な描写の背景に違和感が…
・鼻の線を描かないのは、最近のアニメのお約束なのか?
・花は宮崎あおいなので、少女のような体型だが、鎖骨とか畑仕事している時のジーパンから見える腰回りとかの描写は、(細田監督の趣味なのかもしれないが)、女性の身体に対するフェチなこだわりを感じた
・「元気な女の子」と「ちょっと影のある男の子」の対比が面白かった雨と雪
・麻生久美子も谷村美月も1シーンしか出ないが、顔も似ていたし、らしいセリフでいい雰囲気だった
・韮崎のおじいちゃんは、「頑固だけど優しいと言う人物を上手く演じているな」と感心したけど、エンドロールまで菅原文太さんだとは気付きませんでした
・麻生久美子のご主人でもあるスタイリストの伊賀大介さん監修の登場人物の服装は、アニメにしてはリアルで成功していたと思う。(特に花のワンピース)
・雑誌のインタビューによると、花が着ていたパジャマは、実際に麻生久美子が着ている物がモデルだとか。あーそーですか…
・「もの凄い名作」と迄は行かないが、「自然の奥深さと人間のたくましさ」を上手く描写した佳作だとは思う
・花と狼男の出会いから15年程度の話だが、作ろうと思えば続編が作れる事を考慮してこの時期で終わっているのか?
・続編があるとすれば、ベタだけど「花の新しい恋愛相手が山の開発業者の社員で、自然を守ろうとする雨との板挟みで苦しむ」なんて話でしょうか?

posted by utsuno at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー

2012年07月02日

「DCS-RX100」使用記:第4回--D7000と撮り比べ

 「RSC-RX100」を買って以来、雨や曇りが続いていたが、やっと晴れ間が見えたので、松山市の観光地である「石手寺」に行って写真を撮ってみた。

続きを読む
posted by utsuno at 15:34| Comment(1) | TrackBack(0) | レビュー

2012年06月28日

「DCS-RX100」使用記。第3回

 「DSC-RX100」を購入以来悪天候が続いていたが、今朝はやっと晴れ間が見えたので、出勤前に観光地の「道後温泉」を回って、何枚か撮ってみた。

続きを読む
posted by utsuno at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー

2012年06月26日

「DCS-RX100」使用記。第2回

 ほとんど衝動買いであるが、6月23日の土曜日の夜に手に入れた「DSC-RX100」。その後、2日連続で雨が続き、写真を撮るにはあいにくの天候が続いた。

DSC00108.JPG それでも、大型撮像素子と大口径レンズを持つ「DCS-RX100」は、悪条件でこそ威力を発揮する(はず)と、通勤の時に持ち歩いて、何枚か撮ってみた。

今回の画像は全て撮影モードを「プレミアムおまかせオート」に設定して撮影している。このモードで撮ると条件によっては、オートHDR等も動作している為、撮影間隔は多少長くなるが、明暗差のあるシーンでもきれいに撮れている気がする。

今回も5Mモードで撮っている。サムネイルをクリックすると元画像が表示されるが、暗くて明暗差のあるシーンで手持ちで撮ったにしては、ノイズも少なくきれいにまとまった画像になっていると思う。

DSC00114.JPG DSC00117.JPG

DSC00120.JPG DSC00133.JPG
posted by utsuno at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー