2013年05月06日

歩き遍路。横峰寺

 ここのところ更新が大幅に遅れておりますが、体調(だけ)は元気で異常ありません。しかし、なんかテンパっていて調子が出ません。
 それでも、5月はいろいろとイベントが続いたので、順次書いていきます。
 鮮度は落ちますが、いつかは現実に追い付くはずなので、気長にお楽しみ下さい。


 さて、ゴールデンウィーク最終日の今日、福山遠征の後の5日6日は「ソフトボール活動も連休!」となったので、この機会を逃さずに歩き遍路に出た。

 今回は、「遍路転がし」と言われ、その道の険しさでは「中ボス」的な存在の「横峰寺」に挑戦する。(ちなみに、中ボスはいくつかあるが、「ラスボス」は「雲辺寺」だと思う)

 今回の経路がこちら↓

image

 では、今回も縦横比3:2で撮った写真で振り返ります。
image
前回のゴール「伊予小松駅」から、国道11号線を東へ
高速道路の下をくぐる

image
30分以上歩いてから南へ曲がり、再び高速道路の下を通る

image
田園風景を見ながら少しずつ登っていく

image
道路は舗装されているが、徐々に山道へ

image
リアルすぎて恐かった「カカシ」

image
2時間ほど登って、やっと「登山口」に到着

image
ここで泊まった人が書いたらしい落書き

image
ここから登った人が置いていったらしい荷物(ここに降りてくるらしい)
重いから置いていったんだと思うが、
こういうのも霊場ならではの「人を信じる」って行為かも

imageここからは、本当の山道。あと2.2kmらしい

image階段状になっているが、急な登り道が続く

image
飲めそうな清流

image
所々にある石の階段。かなり急な登り

image
延々登る

image
約1時間。フウフウ言いながら登って、ようやく山門に到着

image
「第60番札所 横峰寺」に到着

image
こんな山の上にあるのに、わりと新しくきれいな建物だった

image
残念ながら、展望はあまりよろしくない
少し登ると石鎚山の山頂が見える場所があるらしいが、余裕がないので断念

image
少し下った場所の方が見晴らしは良かった
ここまで歩きだけで来たのかと思うと感慨深い

image
本当は、徒歩用の下り道があったが、次の札所を前回に回っているので、
目的地が違い、自動車用の道から降りる

image
なかなか感じのいいダム湖

image
何もない道路を2時間ほど歩き、脱水症状なりかかったが、
やっと参拝用のバス乗り場で自動販売機を発見
少し休憩して水分補給

image
石鎚神社の鳥居をくぐる

image
また舗装された山道を下る
さすがに膝が痛くなった。下りも足に負担が大きい

image
やっと西条市内が見えてきた

image
朝よりかなり東寄りだが、高速道路の高架をくぐる

image
なんとか「伊予氷見駅」の近くに到着。
ここにも札所があるが、列車の時間迫っていたので、今回はパス

image
反対方向だが、西条駅まで普通列車に乗ってから特急で松山へ移動

 今回コースは、ほとんど「登山」で、ずっと山道を歩いていた。

 横峰寺の登山口からは、かなり多くの参拝者に会ったが、皆さん杖(木製や金属製の物)を持っていた。確かに、山道では登山用の物でなくてもいいから、杖を持っていた方が安定するし足腰の負担も少ないようだ。次に、山に登る時は準備しよう。

posted by utsuno at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68627364
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック