2013年04月13日

「舟を編む」。小説と映画

 昼間は、ソフトボールの「前期リーグ戦」の開幕戦なので、朝7時前に家を出て河川敷のグランドへ行き、夕方まで手伝う。

 結構疲れたが、それでも夕食後早めに入浴しクルマを走らせて、「エミフルMASAKIのシネマサンシャインへ。

 今日は、前から楽しみにしていた「舟を編む」の初日である。
image

 なんだかんだで、「本屋大賞のヒロインと言えばこの人」みたいに言われることもある宮崎あおい出演(主演は松田龍平)のこの映画、公開が決まった時に、本屋で原作小説を目にして、珍しく文庫本じゃない本を買って読んだ。

image

 架空の出版社の、「広辞苑」とか「大辞林」に相当する国語辞典発行に掛ける人たちの十数年の奮闘を、周りから「変人」と言われながら辞書作りに才能を発揮する主人公の「馬締くん」(松田龍平)と板前を目指す女性「香具弥さん」(宮崎あおい)の関係を織り交ぜながら描く小説で、個性豊かな登場人物と「言葉」へのこだわり、辞書作りの大変さ等々、盛り沢山で非常に面白かったが、やや駆け足で話が進み、できればもっと長いページ数の本にしてもらいたかった。

 ちなみにこの本、同じ本を読んだ知人に教えてもらったが、作品中に出てくる辞書「大渡海」を模したデザインになっているブックカバーを取ると、コミック風に作中の場面を再現した絵が描かれている。

image

 松田龍平が演じる馬締くんやオダギリジョーが演じる西岡はイメージ通りだが、宮崎あおいが演じる香具弥さんは、もうちょっと細面で大人びた女性をイメージしていたのがわかる。

image


 さて、TVでそれなりに番宣していたものの、松山での上演は、「シネマサンシャイン・エミフルMASAKI」の1館のみ。しかも、一番小さい劇場だった。

 監督は、「川の底からこんにちは」の石井裕也。この映画で主演した満島ひかりのご主人である。

 前作では、前半グダグダで後半の一気のカタルシスが印象的だったので、この割と地味な原作を、どんな風に料理するのか、不安でもあり楽しみでもあったが、意外にもほぼ原作通りの進行で、派手な見せ場はないものの各シーンで登場人物の心情を丁寧に描いていて、静かな雰囲気で、みていて安心できる映画になっていた。

 大まかなストーリーは原作通りだが、「香具弥さんについて調べた事を(辞書の用語収集に使う)用例採集カードでまとめる馬締くん」とか「香具弥の元彼からの電話を取り次ぐ馬締くん」とか「香具弥と馬締くんが包丁を買いに行く初デートシーン」とか、映画独自のエピソードが多くて、その点は良かったと思う。

 それに対して、原作にあった「風呂上がりに馬締くんにのしかかる香具弥さん」なんかの読んでいてドキドキしたシーンがなくなったのは残念だが、古い下宿で同居する馬締くんと香具弥さんの関係は、「めぞん一刻」みたいで面白かった。

 馬締くんも香具弥さんも、原作の雰囲気を上手く膨らませていて、動いているのを見ると違和感がなかった。

 それ以外の登場人物も、それぞれ味が合って良かったが、特に「チャラい先輩」のオダギリジョーが良かった。

 ちなみに、この映画には、「『大渡海』の宣伝ポスターの女優」として麻生久美子が本人役でカメオ出演しているが、オダギリジョーに「(ポスターには)麻生さんとか使って…」と言わせて、ポスターが初めて出るシーンでもオダギリジョーとの「ツーショット」を見せてくれるなど、「時効警察」ファンへの配慮(?)が嬉しかった。(オダギリジョーの「麻生さん」という呼び方は、「時効警察」のメイキングやインタビューを連想させる)


 ちなみに、あのポスターは、エンドロールを見る限り、麻生久美子のご主人の伊賀大介さんがスタイリストとして参加しているらしい。

 それにしても、「川の底からこんにちは」の満島ひかりに始まり、宮崎あおいに(オダギリジョーの恋人役の)池端千鶴と、どんだけ童顔が好きなんだ石井裕也監督と思いながら、カタルシスのあるシーンは全然ないものの、充分楽しめた2時間でした。
posted by utsuno at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64880057
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック