2013年02月05日

「カフェ」じゃなくて「喫茶店」

 普段昼休みなどの空いた時間にブログの原稿を書いたり、仕事(ソフトボールのリーグの)を片付けたりするのに、マックやスタバへ行く事が多い。

 値段も手頃だし店の雰囲気も適度なざわめきがあって集中できるので、30分程度だが結構快適な時間を過ごさせてもらっている。

 ところで、Webの記事で「スタバの普及に見られる『喫茶店第2の波』に続き、既存の喫茶店がコーヒーへのこだわりと独自メニューで逆襲に転じた『喫茶店第3の波』が起こりつつある」という記事を読んだ。

 そういえば、普通の喫茶店には数年行っていないなと思い、行ってみました大街道の喫茶店『フライング・スコッツマン』。

 大街道の入り口にあるこの喫茶店。スタバもマックもアマンダコーヒーも近くにできたが、25年ほどここで営業を続けていて、それなりに客も入っているようだ。

image

 店内は、スタバと比べるとやや暗い。椅子は、柔らかく快適で、ちゃんと禁煙席もある。

 久し振りに来たので、コーヒーだけじゃなくて「クルミのホットケーキ」のセットを注文してみた。

image

 アイスクリームと生クリームがのったクルミ入りのホットケーキ。結構ボリュームがあるが、コーヒーと良く合う味で美味しかった。

 店内は、スタバやマックに比べて女性の比率が高い感じ。

 適度にざわついていて集中できるし、椅子の座り心地も良くてかなり快適。

 値段的には、スタバよりも高めで、百円でホットコーヒーが飲めるマックとは比べるまでもないが、たまには、こういう贅沢もしてみたい。

 また、ゆっくり時間が取れる時に来るとしよう。
posted by utsuno at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62078068
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック