2012年03月25日

春季ジュニア決勝トーナメント

 巨大ショッピングセンター「エミフルMASAKI」の隣のグランドで行われた、「春季ジュニア」の決勝トーナメント。

 道後スポ少は、一回戦からの登場で、同じ松山市の双葉と対戦。
image

 初回に2点を取って中盤までリードしていたものの、一死一二塁からヒットを打たれ、守備の乱れもあってワンプレーで逆転を許し、その後のチャンスを活かせずに2-3で惜敗。

 県大会のベスト16に進めず、四国大会出場への道は閉ざされた。

 残念ではあるが、ともかく予選2試合を勝って「第2ステージ」に進んだことは、いい経験になったはず。

 4月の上旬から開かれる「県大会松山市予選」が、最後の全国大会出場へのチャンスとなるが、悔いのないように頑張って欲しい。
posted by utsuno at 19:56| Comment(0) | ソフトボール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。