2009年10月11日

新デジカメデビュー

 ごぶさたです。

 「これは書かねば!」というネタがあったものの、なかなかうまくまとめることができず更新が滞ってしまいました。

 やっと書きますが、カメラに興味がない方は、パスした方が無難かもしれません。



 話は少し前にさかのぼる。

 ちょっとした事故があり、いつも使っていたオリンパスの一眼レフ「E-3」を修理に出す事になった。手元にないのは2週間程だったが、間の悪いことに大事な試合があって写真を撮る必要があったので、私が持っているもう1セットの一眼レフであるニコンの「D1H」を数年ぶりに棚から引っ張り出して持ち出してみた。

 当時としてはかなり高級機だった「D1H」は私が最初に買ったデジタル一眼レフカメラで、愛着もあったが、オリンパスのシステムの方が小型軽量なので、徐々に使わなくなっていた。

 「動くのか?」と心配だったが、最初の1回目のシャッターだけがなかなか切れなかっただけで、その後は、なんの支障もなくピントが合い撮影できた。

 で、これを持ち出して数日間撮影した。

 画素数にしても、AFポイント数にしても、かなり時代遅れの機種だが、実際に使ってみると連写速度やAFの精度、「70-200mm F2.8 VR」の描写や手ブレ補正機能によるファインダーの見やすさ等々、今でも必要十分な性能で特に不満を感じない。

 何より、オリンパスのフォーサーズシステムよりも撮像素子の大きなニコンのAPS-Cサイズのボケ味を見ていると、これまで「大きくて重い」と敬遠していたAPS-Cサイズのシステムも魅力的に見えてきた。

 そこで、「D1H」本体と、最近使わなくなったレンズ一式を「カメラのキタムラ」に持って行って査定してもらったところ、割と高めに査定してくれたので、「D300s+AF-S16-85mmF3.5-5.6 VRレンズキット」を衝動買いしてしまった。
image

 別に「D90」でも良かったが、「D300s」はAPS-Cサイズの最上級機にしては意外に軽量コンパクトでシステムの重量は「E-3」とあまり変わらない。

 当分は、併用で行こうと思うが、久しぶりのニコンのカメラを使うので、戸惑いもありながら、新しい機械を使うのはワクワクする。
posted by utsuno at 12:32| Comment(0) | 物欲関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。