2013年02月13日

「スイーツパスポート」

 時間は「初めての手術台」から1時間ほどさかのぼる。

 前日の診察の後、「明日の手術の手術の前は、水分は取ってもいいですが、食事は(あまり重いものは)やめて下さいね」と看護婦さんに言われた。

(まあ実際は、カッコの中は私の拡大解釈なんだけど)

 そこで、昼食は先週も行った喫茶店「フライング・スコッツマン」で軽食を取ることにした。

 と、その前に、本屋に行って最近気になっていた「スイーツパスポート」を買う。

image

 この本自体がクーポンになっていて、載っている店に行くと、800円とかのメニューが500円に割り引きされる。

 「フライング・スコッツマン」に入り、早速「このクーポン使えますか?」と聞いたところ、店員さんに「すみません。このメニューは午後3時からしか使えないんです」と言われた。

 確かに、この店のページには「15:00〜」と書いている。

image


image

 「終日OK!」と書いている所もあるが、店によっては曜日とか時間で制限がある所も多い。

 はい、ちゃんと確認していなかった私のミスです。

 仕方ないので、そのまま正規の料金を支払うことにして、予定通りのメニューを注文した。

image

 先週の「ホットケーキ」に変わって今回は「ワッフル」だが、同じように上に載ったアイスクリームと生クリームが美味しかった。

 いきなりクーポンを使いそこねたが、この本自体は、喫茶店のガイド本としても使えるし、まだまだクーポンを使うチャンス(今年の4月末まで))はあるだろうから、1000円の本代も無駄にはならないだろう。

posted by utsuno at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

初めての手術台

 午前中だけ仕事して、午後からは先週ケガをした左手の小指の手術を受けるため有給休暇を取る。

 軽く食事をすませて通っている整形外科へ。まずは、背広からジャージへ着替えて先生の問診をすませた後、奥にある「手術室」へ。

 指の手術といっても、あのライトの下にある本格的な手術台で、なんかだんだん自分の事が重病人みたいに思えてきた。

 小指の付け根に局部麻酔の注射を打ってもらい、感覚がなくなった頃に手術開始。

 詳しい描写は避けるが、麻酔がなければとても我慢できないような「痛い」措置をしてもらっているらしいが、音と引っ張られるような感覚以外は特に何もなし。

 さすがに酔狂な私も、写真を撮る余裕なし。

 30分ぐらいで無事に終了。一応「成功」らしい。痛みはないと言っても、身体がこわばって疲れていたのか、家に帰ってからバッタリと寝てしまった。

image

 これで完治ってわけではなくて、約2ヶ月間はこの状態で、ほぼ毎日病院に通わないと行けないらしい。

 まあ、人間50歳にもなると、色んな所が痛んでくるって事で、症状と上手く付き合って行こう。

posted by utsuno at 21:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記